保証があるのが魅力

さわやかな女性

風俗でお金を稼ぐためには顧客を得なければなりません。花びら回転などがあるピンサロや席についた客にサービスをするセクキャバを除いて、デリヘルもソープランドもほとんどが歩合制をとっているので、お客がつけばつくほど阿波踊りやマットプレイ、道具攻めや言葉責めなどのオプションを付加してお金を稼ぐことができます。しかしお客がつかない日は収入がゼロであるということも珍しくありません。こういった風俗の特徴があるので、かえって難波の出稼ぎが風俗経験者や風俗嬢に人気になっているという現実があります。
お客が一人も来ないということを、風俗業界では「お茶をひく」といいます。週の内何日かはお茶をひく状態が続いているのであれば、観光シーズンだけ難波などに出稼ぎに出て一定のお金を得るという稼ぎ方ができます。

それではなぜ安定した稼ぎのために出稼ぎをしに、わざわざ難波に出てくるのかといえば、保証がついているのが魅力であるためです。通常は歩合制ですが、この形態であれば保証がついてくるのが魅力です。このため、オプションなどを付けて独自の性戯をサービスしなくても、一定の給与を稼ぐことができるのです。保証がつくとしても、その内容には日によって差があります。二日目は六万円だが三日目は五万円というように差が付けられています。もちろん、それ以上稼ぐことができればそれ以上の金額がもらえます。しかし、その日以外にお茶をひく時間があれば稼いだ分は他の日に補填されることになります。このため、やはりどんなに出稼ぎは保証がされているといっても、性戯の種類をたくさんもっておき、難波に行く前にバイブ責めなどに慣れておくことが大事だといえます。